平成30年度 埼玉県推奨図書

 

ライン



 乳幼児  小学校1~2年生  小学校3~4年生  小学校5~6年生


中学生
  高校生・勤労青少年             書店用注文書




 

 乳幼児向け



ひよこさん


 
征矢 清/さく
  林 明子/え
  出版社:福音館書店
  定価:800円+税
 

ひよこさんがひとりでおでかけ。
だんだんくらくなってきて、はっぱのふとんでねんねしよう。
ぐうぐうぐう。なんだかとってもあったかい。
おかあさんが来て一安心。
夜から朝にかけての色使いが美しく、主人公のひよこが浮き立つように描かれている絵本。





きゃべつばたけの ぴょこり


 
甲斐 信枝/さく
  出版社:福音館書店
  定価:900円+税

 



はっぱの裏に変なものがはりついている。
ありがつついたら、ぴょこり。
雨がふって虫たちは逃げていくが、ぴょこりは動かない。
朝になってぴょこりの背中がぴりっとさけて、何かがでてくる。
ちょうちょだ。
さなぎから羽化する蝶の姿が繊細に描かれています。







ひとりになったライオン


 
夏目義一/文・絵
  出版社:福音館書店
  定価:1,400円+税

 


 

いライオンが家族を離れて、はじめて一人で狩りをする。
シマウマの子どもをねらうが、あと少しのところで失敗する。
画面いっぱいの困ったライオンの表情が、魅力的です。
広大なサバンナを舞台に、躍動感のある狩りの様子がいきいきと描かれています。






とのさま1ねんせい


 
長野ヒデ子・本田カヨ子/作・絵
  出版社:あすなろ書房
  定価:1,300円+税



 

遊びが好きな殿さまは、「1年生はいやじゃ」と逃げまわり、隠れてしまいます。
家来たちは、殿さまを放っておいて自分たちが1年生になる準備を始め、それを見た殿さまは、うらやましくなりました。
1年生になる不安を吹き飛ばしてくれる楽しい絵本。






とらさんおねがいおきないで

 
ブリッタ・テッケントラップ/作・絵
  木坂涼/訳
  出版社:ひさかたチャイルド
  定価:1,400円+税


 

らさんがねむっています。
動物たちは、とらさんを起こさないように、ふうせんを持ってとらさんを飛び越えることにしました。
みんなも動物たちを手伝って!
とらさんをなでたり、息をかけたり、たたいたり。
とらさんを起こさない理由はね…。
参加型絵本。






 小学校1・2年生向け





まほうのゆうびんポスト


 
やまだともこ/作
  いとうみき/絵
  出版社:金の星社
  定価:1,200円+税

 



けんとには、お母さんに見せたくないテストがあった。
見せたら絶対に怒られそうな点数のテスト。
学校からの帰り道、けんとはそのテストを、偶然見つけたポストに入れてしまう。
これで一安心と思っていたが、そのテストはお母さんに届けられていて…






サイモンは、ねこである

 

  ガリア・バーンスタイン/作
  なかがわ ちひろ/訳
  出版社:あすなろ書房
  定価:1,40
0円+税




子ネコのサイモンが、トラやライオンたちに「ぼくたちにてますね」と言うと、「どこが似ているっていうんだ?」とみんな大笑い。
そこで、ひとつひとつ似ているところを確かめてみることに。
本当にサイモンはトラたちと似ているのかな?





このあいだに なにがあった?


 
佐藤雅彦/作
  ユーフラテス/作
  出版社:福音館書店
  定価:900円+税




上と下、右と左の写真を見くらべてみてください。
「このあいだになにがあった?」
いろいろなことが想像できますよ。
自然の不思議、大勢の人だかり…一人でじっくり思いを巡らせても、友達とわいわい言いながらでも、楽しめる写真絵本です。





たんけんクラブ シークレット・スリー

 
ミルドレッド・マイリック/文
  アーノルド・ローベル/絵
  小宮由/訳
  出版社:大日本図書
  定価:1,400円+税


 

ビンの中に手紙を入れて送ったことってある?
相手にうまく届くかな?
海の向こうの友だちとの間でしかわからない「暗号」や「サイン」「合言葉」・・みなさんも読みながら解いてみてください。
なんだかワクワクしてきませんか?






よるだけパンダ


 
大塚健太/作
  くさかみなこ/絵
  出版社:小学館
  定価:1,450円+税



 

パンダって愛らしくて人気者ですね。
ほかの動物たちもあやかりたい気持ちです。
動物園の飼育員さんがあることを考えました。
夜の動物園におばけが出るんだって!
さぁ、その正体とは?
夜の動物園に行ってみたくなります。






 小学校3・4年生向け





アルバートさんと 赤ちゃんアザラシ


 
ジュディス・カー/作・絵
  三原泉/訳
  出版社:徳間書店
  定価:1,400円+税




「かつて、バルコニーでアザラシを飼っていた父に捧げる」とあるように、実話をもとに書かれた感動の物語。
母親を失った赤ちゃんアザラシを助けたいと思ったアルバートさんは、アザラシを汽車に乗せて連れて帰り、ふろおけやバルコニーで世話を始める。





月からきたトウヤーヤ


 
蕭甘牛/作
  君島久子/訳
  出版社:岩波書店
  定価:640円+税




あるところにわらじ作りの上手なおばあさんが住んでいた。
月から来た老人にトウモロコシの種をもらい、まいてみると、大きくなった実から赤ん坊が生まれる。
トウヤーヤと名付けられた男の子は、賢く勇敢な青年に育ち、「金の鳥」を見つけるための旅に出る。





はじめて見たよ!セミのなぞ


 
新開孝/写真・文
  出版社:少年写真新聞社
  定価:1,600円+税

 


 

夏の訪れとともに登場するさまざまなセミ。
中でももっとも身近なセミ、アブラゼミでさえ、まだまだわからないことがたくさんある。
アブラゼミの卵から羽化していくまでの様子だけでなく、幼虫の見つけ方や家で羽化の様子を観察する方法なども書かれている。







この本をかくして


 
マーガレット・ワイルド/文
  フレヤ・ブラックウッド/絵
  アーサー・ビナード/訳
  出版社:岩崎書店
  定価:1,500円+税



 

まちに落とされた爆弾によって図書館の本は父が借りていた1冊を除いてこっぱみじんとなってしまった。
「それは金や銀より、もちろん宝石よりもだいじだ。」と一冊の赤い本を手に話してくれた父の言葉を胸に、ピーターはたった一つの宝物を守ろうとする。







しりとりボクシング


  新井けいこ/作
  はせがわ はっち/絵
  出版社:小峰書店
  定価:1,300円+税



 

恭平たちの学年で、「しりとり大会」が開かれることになった。
しりとりが苦手な健太のため、辞書を見ながら一緒にしりとりの特訓をする恭平だったが、学級委員の小春からドキリとする一言を言われる。
「本当の友達って……。」と考えさせられる物語。







 小学校5・6年生向け





香菜とななつの秘密


  福田隆浩/著
  出版社:講談社
  定価:1,300円+税

 



引っ込み思案で話すことが苦手な香菜が、聞き上手を武器に学校の様々な謎をクラスメートと一緒に解決する“ほのぼの”ミステリー。
登場人物の秘密が明らかになり、香菜はクラスメートと友情を深めていく。
自分と友達との関わりを考えさせてくれる物語。





なみきビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸


 
赤羽じゅんこ・松本聰美・おおぎやなぎちか

      森川成美/作
  黒須高嶺/絵
  出版社:さ・え・ら書房
  定価:1,400円+税


 

並木図書館にビブリオバトルをするために集まった4人の小学生。
チャンプ本をとりたい修、子犬の現状を伝えたいアキ、恋バナにあこがれる玲奈、修と仲直りしたい陸。
本を通して人を知る、ビブリオバトルの楽しさが味わえる一冊。






運動会小説 走れ!ヒットン


 
須藤靖貴/著
  出版社:講談社
  定価:1,400円+税




小学校最後の運動会前にねんざしてしまったヒットン。
代わりに運動会新聞を作るために「走る」ことになる。
組み体操の成功に向けてヒットン、ひょうきん者ダッチュ、おデブのエガワらが、がんばる姿が描かれている。
果たして組体操は成功するのか!?






ぼくたち負け組クラブ

 
アンドリュー・クレメンツ/著
  田中奈津子/訳
  出版社:講談社
  定価:1,400円+税


 

本が大好きで、授業中もつい本を読んでしまうアレック。
放課後の学童クラブで読書クラブを作る。
誰も入ってほしくないから「負け組クラブ」。
ところが、部員が増え、本を読んでばかりいられなくなる。
人と関わり、アレックが変わっていく姿が描かれている。






ペーパープレーン


 
スティーブ・ワーランド/作
  井上里/訳
  出版社:小峰書店
  定価:1,400円+税




オーストラリアの小さな町で父親と二人で暮らすディラン。
紙飛行機を飛ばす楽しさに出会い、どうやったら遠くまで飛ぶのか、試行錯誤しながら、自分だけの紙飛行機を作っていく。
国内大会をからくも勝ちぬき、東京での世界大会の切符を手に入れるのだが…





 中学生向け





ファニー 13歳の指揮官


 
ファニー・ベン=アミ/著
  ガリラ・ロンフェデル・アミット/編
  伏見操/訳
  出版社:岩波書店
  定価:1,500円+税




ナチスの迫害から逃れるために13歳にして、子どもたちだけの逃避行のリーダーになった少女ファニー。
果たして無事にスイスへ逃れることができるのか。
様々な助けを得て、ファニーの勇敢な行動と仲間を思う温かな心が描かれた感動の実話。






八月の光 失われた声に耳をすませて


 
朽木祥/作
  出版社:小学館
  定価:1,400円+税

 



1945年8月の原爆投下近日と“その時”を描いた短編集。
戦争で苦しむのは無垢な人々であり、その苦しみがあったからこそ、今があると切実に感じられる。
原爆で被災した人物たちの不安、悲しみ、苦しみなど個人の心に焦点を当て、生きる姿を写し出す。





ひかり舞う


 
中川なをみ/著
  スカイエマ/絵
  出版社:ポプラ社
  定価:1,500円+税



 

縫物師として戦国の世を生き抜く平史郎。
母と別れ、一人7歳の身で世に出ていく。
その技術を買われ、多くの人々から人望を得て、激動の時代に生きた少年。
確固とした生きる信念をもった魅力的な人物との出会いによって、彼の人生が大きく拓かれる。






かならずお返事書くからね


 
ケイトリン・アリフィレンカ、マーティン・ギャンダ/著
  リズ・ウェルチ/編
  大浦千鶴子/訳
  出版社:PHP研究所
  定価:1,600円+税


 

アメリカの中学生ケイトリンがジンバブエの少年マーティンと文通を始める。
政情不安定な国で貧しい暮らしをするマーティンの現実を知るにつれ、ケイトリンは返事が届かなくても手紙を出し続け、彼を支えようとする。
二人の往復書簡をもとにした実話。






理科準備室のヴィーナス

 

  戸森しるこ/著
  出版社:講談社
  定価:1,300円+税

 



私たちの学年の理科の先生は変わっている。
理科準備室でエクレアを食べる。
そして私の心をかき乱す。
美しく、やさしく、そしてとても危険な人。
先生の白衣の裏の白い花柄、あの花の名前を知りたい。
先生を好きだという気持ちに戸惑う少女の物語。






 高校生・勤労青少年向け





南風吹く

 
森谷明子/著
  出版社:光文社
  定価:1,600円+税



航太は瀬戸内海離島に住む高校生。
国語は苦手だというのにクラス委員の女子から強引に誘われて、俳句甲子園を目指すメンバーに加わることに…!
家族や進路に対する悩みをそれぞれ抱えた5人が創作俳句を通じ、助け合い成長していく姿を描いた青春ストーリー。





僕のジロ・デ・イタリア


 
山本元喜/著
  出版社:東京書籍
  定価:1,600円+税




2016年に自転車の世界的大会で、初出場ながら日本人最年少での完走を果たした選手の体験記。
己と向き合う姿や、チーム戦略、各国選手の素顔など、中継では見ることのできない舞台裏が等身大の言葉で綴られていく。
スポーツ好きの人には特にお勧めの一冊。





淳子のてっぺん


 
唯川 恵/著
  出版社:幻冬舎
  定価:1,700円+税




登山家の故・田部井淳子氏をモデルにした山岳小説。
まだ女性が認められていなかった時代に、夢を抱き、苦難を乗り越えて登り続け、ついにエベレストの頂上に立つまでの栄光を支えたものとは?
信じた道を進む一人の女性の生きざまが、熱く豊かに描き出される。





本を守ろうとする猫の話


 
夏川草介/著
  出版社:小学館
  定価:1,400円+税




育ての親だった祖父を亡くし、遺された古書店をたたもうとする引きこもりの高校生・林太郎の前に、ヒトの言葉を話す猫が現れた。
閉じ込められた本を助け出すため力を貸してほしいと請われた林太郎は、猫に導かれ、店の奥に広がる迷宮へと足を踏み入れてゆく。

 




雲上雲下


 
朝井まかて/著
  出版社:徳間書店
  定価:1,700円+税

 



とんと昔、さる昔から、深い山中に開いた草原に「草どん」はおった。
ある日、草どんの元へ迷い込んだのは、尻尾の無い子狐。
「お話を語ってくれろ」とせがまれた草どんは、内から湧いてくるままに物語り始めて…。
懐かしき昔話が、いま新たに掘り起こされる。







Copyright (C) 埼玉県教科書供給所. All Rights Reserved.